思念伝達 復縁

思念伝達 復縁

sinenndenntatu


私が好きだったのは嵐。(もう過去形にしていますが。。。)


とくに二宮さんが好きでした。私が最初に二宮さんを見たのは中学生の頃。


母がいわゆる「jr黄金期」時代に熱狂的なジャニヲタだったので、私も自然と一緒に番組を見ていました。


わたしが、はまったきっかけは、黄色いゼッケンをつけさらっとバク転を決める彼を見たことです。


「なんだこのやる気のない人は!」


そんな風にはじめは思ったのを覚えています。。。ですが、気が付けば、もう彼が気になって気になって、気づいたら15年以上彼を応援しちゃっていました。


やる気はないけど、しれっとしたセンスで、なんでもこなしちゃうところが一番の魅力なのだと感じます。


嵐って、正直、10周年の時の事務所からのゴリ押し、SMAPの不協和音、事務所幹部のもめごと・・・などと、いろいろなことが重なっての、現在のポジションだと思います。


若干のビジネス仲良し感は醸し出していますが、それでもやぱり彼らはすごいと思います。


私の知ったころに比べると彼らもかなり変わったとかんじます。


昔から好きだったファン層はもしかしたら、その変化にさみしさを感じているかもしれませんが、私も前とはかわっていくように、嵐もかわっていったのだと今は冷静に受け止めています。


彼らはやはり、悩みや葛藤、グループ内の不穏な空気など少なからずあっただろうとおもいますが、与えられた仕事や責任を全うしたとおもいます。


さて、思えば私は、そんな彼らを知ってから人生そのものが変わりました。


学生生活よりも社会人になってから、さらに変わった気がします。


学生のときは、親の支援に頼ってコンサートに出向いていましたが、社会人となれば資金も休みも自分で何とかしなければならないので趣味、生き甲斐のレベルを大幅に越えてコンサートに参加し、CD、DVD、CMしている商品を買いあさったりと、なんだか嵐の親ではありませんが、「この子たちを有名にしたい!」


その一心で応援していました。


いま、休止発表を受けて「ああ、この日がきたか」という心境ですが、驚きはほとんどありませんでした。


そのくらい、ずっと見てきたし、なんとなくこんな日が来るような気がしていました。


「休止しないで!」という気持ちは1ミリもありません。


ただただ「今までよく頑張ってくれた」という気持ちです。


オリンピック延期ということでネットでは「嵐、延長か」なんて言われてますが、「これ以上もう頑張らなくていい」、この一言です。


冷めていると思われるかもしれませんが、もう十分なんです。


そのぐらい頑張ってくれたと思っています。


たくさんの幸せをありがとう。


嵐に出会ってなかったら今の私はないと思います。


きっと今の若い子は知らない不遇の時代。


初めてドーム公演した日、国立公演した日、そして天皇陛下の前で歌った日。


あの頃を思い出すと今でも涙が出ます。


たくさんの時間、もの、人を犠牲にしてくれたメンバー全員、嵐を守ってくれてありがとう。


いまは、感謝でいっぱいです。


わたしは、こんな大好きだった嵐の休止をきっかけにあらたに自分の幸せを求めて動き出しました。


そのひとつめにアドバイスを受けたのが実は占いです。


「思念伝達・復縁」ということで、ずっと引きずっていた昔の縁を思念伝達してもらいました。


これから前向きに生きていきます! 嵐は卒業して自分の幸せを復活します♪♪♪


>>思念伝達・復縁電話占い






 

サイトマップ